02
2
3
4
6
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
   

‘ウルソ’は胆嚢がなくても効果があるの?

‘メトレート’を再開して1か月が経った。
しかし、以前に比べ体調が少し悪いような感じがする。
雪が降ったりして寒いからだろうか?再開したと言っても、少量(週に1回しか飲んでいない)だからだろうか?

今日も、病院は混んでいる。
(リウマチ患者は、70万人もいると言うから、ここの病院に通うリウマチ患者も多いのだ。)

予約時間を2時間ほど過ぎたころ、診察の順番がまわってくる。
「肝臓の値は、落ち着きました。」
「ありがとうございます。前々回追加した‘ウルソ’が効いていると言うことなのでしょうか?」
「‘ウルソ’の効能効果を見たら、『胆汁を出やすくして、肝臓の働きを改善したり、胆石を溶解する。。。』と書かれてあるのですが、私は胆嚢がない(摘出手術をしている)のですが。。。」

「そうですね。。。」
直ぐ調べてくれたが、的確な資料は無いようだ。
「胆嚢がないと、胆汁は出っぱなしになっていると言うことですから。。。」
しかし、(偶然かも知れないが、)‘ウルソ’を飲みだしたから、肝臓の値が良くなっていることは確かだ。
「あまり効果がないと言うことも考えられますね。1か月止めてみて、効果の有無を見てみましょう。」
服薬する薬の種類を減らすため、‘ウルソ’を外して処方してもらう。

家に帰って、貰ってきた血液検査の情報を見ると、‘RF定量’が1年前と同じ値に上がっている。
最近調子が悪いた感じていたのは(雪のせいではなく)これが原因だったのだ。
(しかし、調子が悪いと言っても、1年前よりは良いと思うが。。。)
‘メトレート’を減らしているからだろうか?
(ま、この程度なら、‘メトレート’を増やして副作用が出るよりは良いと思う。)

シジミのストラップ

今朝起きると、足が浮腫んでいる。
運動不足か?ステロイド剤(プレドニゾロン)の影響か?
散歩の意味で、ブラブラとデパートを見て歩くと、ぐったりと疲れてしまう。
歩かないから、筋肉が落ちてしまっているのだろう。

しばらく休んで、シジミの貝殻(‘肝臓に良いから’と、友人が送ってくれたシジミの味噌汁)で、ストラップを作る。
6出来上がり

作り方:

①シジミの貝殻をよく洗って干す。

②布を、貝がらより一回り大きく(だいたい丸く)切り、端を縫う。

③布の中に貝殻を入れ、糸を引っ張り縮める。
1丸く切った布の端を縫い貝殻を入れて縫い縮める

④紐に(飾りの)ビーズを通す。
2紐にビーズを通しておく

⑤貝殻の中に(先を結んだ)紐を置き、ボンドで付ける。
3貝がらに紐をおく

⑥反対側の貝殻を載せ、洗濯ばさみ等で押さえる。
4貝殻に蓋をして洗濯バサミで押さえる

⑦貝がらの周りを縫い付ける。
5貝殻のまわりを縫い付ける


⑧紐を結んで出来上がり。
140219シジミストラップ

鈴を付けたバージョンも可愛い。
鈴付きバージョン


針を上手に使うことが出来ないのだが、まあまあ良くできた。

ハマグリ雛

先日お友達に、母の作った‘木目込みの雛人形’を見に来てもらった。
その時食べた、ハマグリの貝殻で(ここ数日間かけて)お雛様を作る。

布は、母の着物地や木目込み人形の残り布。
140216貝雛7(出来上がり)

作り方:
①っハマグリの貝殻の外皮を剥き、綺麗に洗い良く乾かす。
140216貝雛1(貝の外皮を剥く))

②前面になる貝殻に、白い布を巻く。
 (下の貝殻の字が見える様だったら、2枚巻くか綿を薄く敷く。)
140216貝雛2(顔の白布を巻く))

③髪の毛になる部分に黒い布を縫い付ける。
140216貝雛3(髪の毛の布をつける)

④重ね襟の布を留め、最後に着物の布を巻く。
140216貝雛4(着物を着せて行く)

⑤背面になる貝殻に、着物を巻き付ける。
140216貝雛5(後ろの着物を巻く)

⑥全面と背面を合わせと縫い綴じる。
140216貝雛6(前と後ろを合わせ綴じる)

⑦縫い綴じたところに飾り紐を付け、ボールペンで顔を書く。


着物の布、着せ方によっても、印象が違う。
140217貝雛2セット

着物の残り布でブローチを作る

昨日は、何十年ぶりかの大雪が降った。
ゆっくりと歩いて、近くの小学校で行われている都知事選挙に行く。
スーパーで買い物をしようしたが、配達はしてくれないと言うことで、買い物はあきらめる。
(荷物を持って雪道を歩く自信は無い。)

家に帰って、(母の着物の残り布などで)吊るし飾りを作り出す。
先ず、花を何個か作る。
140207ブローチいろいろ

作り方は簡単。
円形に切った布(5枚)を半分に折り、(縫い代)5㎜程のところを縫って縮める。(綿を少々入れるとふわっとした感じになる。)
140207ブローチ作り方1

縫縮めたもの5個を繋げて輪にする。
140207ブローチ作り方2

後は、真ん中に丸く縫った布を(裏表の両面に)縫い付ける。

作っているうちに、これはブローチになると思いつき、何個かの後ろにブローチ用の金具を付ける。
140207ブローチ

残った数個を繋げて、吊るし飾りにする。

帯地タペストリー

今年も雛まつりが近づいて来た。
母が、生前作った‘木目込みのお雛様’を飾る。
140205雛人形

そして、デイサービスで書いたお雛様のぬり絵や切り絵を帯地(博多帯)に糸で止め、タペストリーにした。

140206タペストリー2

上と下を4cm折り返して縫い、直径2㎝の棒を通した。

端切れでリン布団を作る

先日、母が遺した‘木目込み人形’の残り布で‘リン布団(仏具)’を作った。
上手く出来なかったので、反省点を踏まえ再度チャレンジする。
今度は上手くいったようだ
140201リン布団


一辺んが4㎝(縫い代各5mmを含む)の正方形の布を、20枚用意。
(柄違いで、10枚づつ。)
140201リン布団用布

互い違いに縫って、中に綿を入れる。
140201リン布団に綿を入れる

(綿を入れるため開けて置いた口を閉じて、)飾りをつけて出来上がり。


出来上がり寸法は、直径8㎝、高さ4㎝ほど。
縮緬地がほつれやすかったので、縫い代を思ったより多くとる方がよいようだ。

プロフィール

chococake55

Author:chococake55
母が亡くなって、リウマチが悪化した。
抗リウマチ薬の副作用が出たり、頚椎症も発症した。
未だ、精神的な安静は出来ないでいる。
気分転換のため、散歩したり食べたり。。。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

カウンター

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR