FC2ブログ
   
03
2
7
9
   

神楽坂へお蕎麦を食べに

昨日は一日中家に居て、食べてばっかりだったので、朝食は野菜サラダだけ。

食べだめは出来ないと言う通り、お昼近くなるとちゃんとお腹が空いてくる。
散歩がてら、お蕎麦でも食べに行こう。
ネット検索で、神楽坂にある‘蕎楽亭’と言うお蕎麦屋さんに行くことにする。
(ミシュラン一つ星だそうだ。)

神楽坂下から、神楽坂を登って行く。(結構しんどい。)
坂を上りきって細い道を曲がると、‘蕎楽亭’がある筈だ。

「ここいら辺にある筈なんだけど。。。あ、ここだ。休みだ。」
私の前を歩いていた人たちの声が聞こえる。
その人たちも、‘蕎楽亭’を探して来たのだ。

私も、お店の前まで行って確認すると、確かに休みだ。
定休日は、日・祝日と書いてあったのだが。。。
(家に帰ってから、今日は祝日だと気が付く。)

がっかりして、近くのお蕎麦屋さんを探す。
‘国産石臼挽粉で打った『手打蕎麦』’と書かれた、‘山せみ’と言うお店に入る。

「何にしますか?」
「鴨せいろをお願いします。」
「はい。温かいのですか?冷たいのですか?」
「え?せいろって冷たいのでは?」
「あ、せいろだからそうですね。」
「。。。@@」

「お待たせしました。鴨せいろです。」
(蕎麦湯も同時に出てくる。)
150321山せみの鴨せいろ

お蕎麦の量は少なく見えるが、そうでもない。
つけ汁には、鴨肉2切れとつくねが一つ入っている。

‘山せみ’を出ると直ぐに、中華まんで有名な‘五十番’がある。
150321中華マン五十番

「‘エビチリ’と‘五目’をお願いします。」
「‘五目’は、蒸し器でないとダメなのですが、蒸し器ありますか?」
「あ、はい。あります。」
(大きいのは捨ててしまったが、小さいのが未だある。)
レンジでも大丈夫なものもあるが、何種類かは蒸し器で無いとダメだとのことだ。
(最近は、蒸し器のない家庭も多いから、確認してくれたのだ。)


夕飯は、買ってきた中華まんを食べることにする。
(左が‘エビチリ’、右が‘五目’、かなり大きい。)
150321五十番の中華マン

‘エビチリ’は母へ、‘五目’は私が食べることにする。
(とどのつまりは、‘エビチリ’も私が食べるわけだ。@@)

プロフィール

chococake55

Author:chococake55
働き盛りを過ぎて、リウマチと診断される。
だんだん症状は悪化する。もう寛解はないだろう。
残りの人生、どう生きる?

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR