02
1
2
4
6
8
9
12
14
15
16
18
23
24
26
28
   

神楽坂へ

久しぶりに‘神楽坂’へ行く。

今まで何回か来ていたのに気が付かなかったが、神楽坂下の道端に神楽坂の由来を書いた碑がある。
(いろいろ説があってハッキリしていないが、どれもお神楽に関している。)
20160229神楽坂の由来を書いた碑

そして、上の絵は1840年ごろに‘歌川広重’によるものだが、‘坂上から江戸城牛込御門を臨む’と書かれてある。
20160229広重牛込神楽坂の絵

なので、神楽坂上まで上って行って、振り返る。
20160229神楽坂上より望む

当たり前だが、当時の気配など全く感じられない。

ぶらぶら歩くと、前回来た時に在ったお店も、随分変わっている。
有名な粕漬やさんがなくなっているし、中華まんじゅうで有名なお店も、引っ越しをするとのことで閉まっていた。

裏道を行くと、ここにもねこカフェがある。
古民家らしいが。。。
20160229神楽坂の猫カフェ

表に出ているメニューにもビックリする。
20160229神楽坂の猫カフェメニュー

面白そうだが、未だ営業前のようだ。(お昼からかな?)
(私が、お店の写真を撮っている間にも、2組の猫ファンが残念そうに通り過ぎて行く。)

疲れたので、テオブロマ(ジェラードとチョコのお店)に入る。
(このお店、いつ来ても混んでいるのだが、今日は何故か空いている。)

ジェラードを食べようと思ったのだが、ちょっと寒いようなのでティラミスにする。
(このお店のティラミス、上に載っているチョコレートがパラパラとしている。)
20160229神楽坂テオブロマのティラミス

ゆっくり休んだつもりだが、お店を出ると、何故か疲れがどっと疲れた感じがする。
これからお昼を食べるつもりだったが、家に帰ることにする。
帰りの電車の中で居眠りをして、乗り過ごしてしまう。

谷中猫カフェ

お墓参りの帰りに、谷中をぶらぶら歩く。

谷中1丁目辺りに差し掛かると、大きな‘ヒマラヤスギ’にぶつかる。
ここいら辺りは、江戸時代に三方地店(さんぽうちだな)と呼ばれた歴史のある地区だそうだ。
20160227谷中の象徴ヒマラヤスギ

少し行くと、急な坂がある。
20160227谷中三浦坂

(昔からこの辺りに住んでいる)お年寄りが二人、大変そうに下って行く。
「この坂は何と言う名前ですか?」
「あら、名前は分からないけど。。。急坂と呼んでいます。」
(後で調べたところ、三浦坂と言うそうだ。)
更に聞くと、下るときはまだしも、登るときは(遠くても)別の道を行くと言う。
勿論、手すりなどないし車も通っているから、お年寄りにとってはかなり危ない坂道だ。

その坂の途中に、‘ねんねこ家’と言うカフェがある。
20160227ねんねこや表

面白そうなので入ってみる。
客席はこんな感じ。(ネコは、6匹いるとのことだが、備品などもネコ、ネコ、ネコだ。)
炬燵(冬だからだろう)が4つ置かれている。
20160227ねんねこや中

メニューは、ネコの形をした板に書かれている。
20160227ねんねこやメニュー

ネコの手白玉とコーヒーを注文する。
20160227ねこの手白玉&コーヒー

器類はすべてネコ。
このコーヒーカップも、ひっくり返して底を見るとネコだ。
20160227コーヒーカップの底

で、ネコはと言うと。。。
私が座っている炬燵の布団を開けてみると、気持ちよさそうにねっころがっている。
(部屋には暖房も入っているから、かなりの暑さなのだが。)
20160227炬燵を開けると1

そして、別の炬燵も覗いてみる。
20160227炬燵を開けると2

こちらのネコは、シャンとしている。
16歳と言うことだから、かなりお年寄りなのだが、毛並みも良い。

このお店、毎日は開いていない。
木、金、土、日、祭日に営業していると言う。ラッキーだった。

お店を出て、またブラブラとする。
結局、昼食は‘鷹匠’へ入る。
いつもは‘鴨せいろ’を食べるのだが、今日は‘牡蠣せいろ’にする。
20160227鷹匠の牡蠣せいろ

かなり大きな牡蠣が二つ入っていて、美味しかった。

あんみつ、マグロ丼、ビョンジンソプ

昨日TVで、亀戸天神の梅の模様を放映していた。
そして、ゲストが船橋屋の‘季節限定天神梅あんみつ’を食べていた。
早速出かけて行って食べたいと思ったのだが。。。
デパ地下で買うことにする。

「定番のあんみつと、季節限定の梅あんみつがありますがどちらにしますか?」
聞かれるまでもなく、梅あんみつを注文する。
20160225船橋屋天神梅あんみつ

なるほど、あんこは梅色をしていて梅味だ。そして、梅漬けが一つ入っている。

そして、デパートのイベント会場で‘鹿児島展’が開催されているとのことで、覗く。
‘薩摩揚げ’と‘焼酎’のお店が目立つ。
イートインは、ラーメンとマグロ丼のお店だ。
丁度お昼頃だったので、マグロ丼を食べる。
20160225鹿児島マグロ丼黒・紋

家に帰ると、友人が音楽CDを届けに来てくれた。
(数日前韓国に行った時に、韓国の友人から預かって来たとのことだ。)
韓国の‘ビョン・ジンソプ’という歌手の、先月発売された12集目のアルバムだ。
表には、私宛の直筆サインが入っている。
(韓国の友人が、わざわざサインを貰ってくれたのだ。)
20160225ジンソプCD12集開く


3月末に、日本でコンサートを行うとのことだ。
行かなくちゃ!^^

小石川後楽園~牛天神

今日も梅を見に行こうと、お弁当を作る。
(久しぶりに、このお弁当箱を使う。)
20160222お弁当

しかし、今日は昨日宇のように暖かくない。
外で食べるには、寒いだろう。。。
考えた末、早お昼として家で食べ手出かけることにする。@@
20160222お弁当を開ける

梅の木が120本あると言う、小石川後楽園に行く。
20160222小石川後楽園入口

梅林は、入って左側の奥辺りにまとまってある。
20160222小石川後楽園内

20種類ほどの梅があるとのことだが、このように木に種類の名前が付いている。
(これは、名前と反して、思いのままには撮れなかった。)
20160222梅思いのまま

‘開運’、今年は良い年になればいいな~。
20160222梅開運

‘玉英’は、大輪の一重咲きだ。
20160222梅玉英

‘見驚’は、八重の大輪で、淡紅から白に変わる。
20160222梅見驚

‘紅千鳥’は、紅梅の一重で、旗弁が千鳥に似ていると言う。
20160222梅紅千鳥

‘白加賀’は、実梅で、梅干しや梅酒に適すそうだ。
20160222梅白加賀

未だ未だ写真は撮ったのだが、ボケちゃっているので載せられない。
(撮影者のボケが、写真に出たかな?)

後楽園の割と近くの、‘牛天神’(北野神社)も、梅が綺麗だと聞いたので行ってみる。
20160222牛天神入口

何と、この先は急な階段だ。
20160222牛天神階段

ふと左先を見ると、坂道(牛坂)があるので、坂道の方を上ることにする。
20160222牛天神坂

坂を上って、先程の階段を上から見るとこうだ。
私にとってはとんでもない階段だ。
20160222牛天神階段を上から見る

牛天神も、学問の神様菅原道真を祀ってある。
20160222牛天神

おみくじは、この牛の形をしたところに結んである。
20160222牛天神おみくじ結び

そして、源頼朝公が(奥州へ東征の途中、此の地で休まれ)腰掛け休息したという、牛の形をした岩がある。
この岩を撫でると願いが叶うという。
20160222牛天神撫で石

横に回ると、梅がある。
20160222牛天神の梅

牛天神には、100本の梅の木があるとのことだが、そんなに沢山あるような感じはしない。
もしかして、私がパスしたあの急な階段の両サイドに植わっていたのかも知れない。

これだけの行程の中、3回喫茶店などで休んだのだが、ガックリ疲れた。
リウマチは大丈夫だろうか?

新宿御苑へ梅を見に行く

昨夕から痛んでいた右肘の調子が、だいぶ良くなった。
お天気も良いし、朝食の残り物をお弁当にして、新宿御苑へ梅を見に出かける。

JR新宿駅南口を出て、徒歩で新宿御苑南門より入る。
20160221新宿御苑新宿門

入ると直ぐに、水仙の群生が出迎えてくれる。
20160221水仙

そして直ぐに、目的の梅を見る。
新宿御苑には、紅梅、白梅合わせて300本の梅の木があると言う。
20160221紅梅

20160221白梅

ロウバイの木もあるが、既に時期を過ぎているようだ。
20160221ロウバイ

20160221ロウバイはもう終わり

茶店の前は、沢山の梅の木がある。
20160221茶店の前

丁度良いことに、(東京野菜を入れた)味噌汁が売っているので、ここでお弁当を食べることにする。
20160221お弁当を広げる

味噌汁を買うと、お箸も付いて来たが、持参の折り畳み箸を使う。
(昔、母は海外旅行をする時、必ずMy箸を持参していた。で、食事の時は、「それ何ですか?日本のフォークですか?」と聞かれ、直ぐ、お店の人と仲良くなったことを思い出す。)

梅の木に混ざって、寒桜(だろう)の木も多く見られる。
20160221寒桜

更に歩いて行くと、福寿草の群生も見られる。
20160221福寿草の畑

20160221福寿草

そして、梅の木にメジロ(だろう)が遊んでいたので、慌ててシャッターを切る。
20160221白梅にメジロ

茶室もある。
丁度休みたいと思っていたので、楽羽亭でお抹茶を戴くことにする。
20160221茶室楽羽亭

梅の木に囲まれた風情のある茶室だが、お茶券は自動販売機で買う。これもご時世だ。

立礼式で、お菓子もお抹茶も美味しい。
20160221茶室で抹茶

茶室内は撮影自由と言うことでパチリ。
20160221茶室の掛け軸

20160221茶室の茶釜

これで、苑内の3分の1ぐらいは歩いただろうか?
勿論、今日全部歩くことは不可能なので帰ることにする。
入口方向に目をやると、周りは新宿のビル群だ。
20160221御苑の外はやはりビル

湯島へ

ふと思い立って、湯島天神へ行くことにする。

湯島天神に着く頃には、雨が降り出していた。
にも拘らず、天神様の前の通りには、何台かの観光バスがとまっている。
20160220湯島天神観光バスも

‘湯島の白梅’が綺麗に咲いているのだが、バックのビルがちょっと残念。
20160220湯島天神の梅

婦系図を書いた泉鏡花の筆塚がある。
20160220湯島天神和泉鏡花の筆塚

枝垂れ梅も綺麗だ。
20160220湯島天神枝垂梅

湯島天神は菅原道真を祀ってあるということで、合格祈願の絵馬が、鈴なりになっている。
20160220湯島天神合格祈願の絵馬

もう2月、お参りに来ている人は、お礼参りだろうか?
20160220湯島天神お礼参りの人?

雨なので、この時期にしては空いている。
屋台も、殆どのお店が畳んでいる。
20160220湯島天神雨で屋台が閉まっている

梅の盆栽を展示しているが、もう散り始めている。
今日来て良かったようだ。
20160220湯島天神梅展示

帰りは、男坂から降りようか?
あまりにも急だから、私には無理なようだ。
20160220湯島天神男坂

隣りの、女坂を降りる。
20160220湯島天神女坂

女坂を降りると、古くから営業している‘よろずや’と言う(魚の)味噌漬け屋さんがある。
せっかくここまで来たのだから、買って帰ることにする。
20160220よろづや味噌漬け店

このお店の味噌漬けは、注文してから味噌に漬けてくれる。
なので、買ってきてから4~5日経ってから食べることになるので、今日食べると言う訳にはいかない。

また少し歩いて表通りに出ると、‘鶴瀬’と言う和菓子屋さんがある。
古くからやっているお店で、母もこのお店を知っている。
お土産に、桜餅、黄身時雨、梅餅を(2個ずつ)買う。(ちょっと多すぎるかな?@@)
20160220鶴瀬の和菓子

そして昼食は、上野の‘井泉’(トンカツ屋)へ行く。
何と、この雨にも拘らず行列が出来ている。
(私は一人だったせいか、あまり待たずに座れる。)

今日は珍しく、3色サンドを頼む。
コーヒーはないので、トン汁を頼む。
20160220井泉の3色サンド

サンドイッチとトン汁って、結構合う。^^

めばるの味噌漬けランチ

昼食は、散歩がてら外で食べることが多い。
なるべくカウンターのあるお店へ行き、お店の人とお話が出来るところを選ぶようにしている。

今日は、友人が教えてくれた、和食のお店へ行き、カウンターに座る。
案の定、お店の人が話しかけてくれる。
ランチのメニューも、目の前に置かれたメニューに書かれてないものも案内してくれる。

‘黒めばるの味噌漬け定食’を注文する。
勿論これに、ご飯とみそ汁が付く。(おかわり自由だ。)
20160219ひぐちのお昼

食べていると、女性が3人で入ってくる。(多分、皆80歳過ぎ。)
最近、このような和食のお店に行くと、高齢の女性が多く来ている。

この中の一人の女性も、メニューに無い‘イワシの塩焼き定食’を注文している。
そして、3人ともご飯は‘八穀米’を頼んでいる。健康に気を付けているから元気なのだろうか。

食べ終えて、箸袋を見るとカワハギの由来が書かれている。
20160219カワハギの箸袋

【皮剥】カワハギ
「皮剥」の字のごとく簡単に皮を剥げる所から命名されたそうです。釣りの対象魚として人気が高く奥深さと難しさから、かえって熱中してしまう人を、「一度はかかるカワハギ病」と呼ばれています。


「この箸袋、持って帰って良いですか?」
「どうぞどうぞ、この箸袋を(魚が変わる都度)集めているお客さんもいらっしゃいますよ。」

追加で、100円払うとコーヒーが飲めると言うので追加する。
100円と言えども、雰囲気のある器に入って来て味も美味しい。
良いお店を紹介してもらった。

神田をぶらぶら

神田をぶらぶら歩く。
美土代町辺りにさしかかると、町名由来の看板が立っている。
20160217美土代町立て看板

急ぐ訳では無いので、興味深く読んでみると、こんなことが書かれていた。

江戸時代、この地域一帯は身分の高い武士たちの屋敷が立ち並んでいました。特に元禄年間(1688~1804)には、五代将軍徳川綱吉の側近として活躍した柳沢吉保が屋敷を構えていました。そのほか、老中や若年寄を輩出した由緒正しい武士が屋敷を連ねていたこともはっきりしています。
 一方、この界隈には武家屋敷だけでなく、商人や職人が住む町屋もありました。なかには、商売上手なアイデアマンも少なくなかったようで、湯女を置く「丹前風呂」が始まったのも、この周辺だったからなのです。江戸時代の美土代町周辺は重要な武家屋敷地であると同時に、新たな風俗・流行を生み出すことも出来る、懐の深い街だったと言えるでしょう。
そんな町に美土代町と言う名が付いたのは、明治五年(1872)のことです。かって、この周辺に伊勢神宮にささげるため稲(初穂)を育てる水田「みとしろ」があった故事にちなんで生まれた名前でした。ちなみに、神田と言う名前も同じ故事に従ってつけられたとされています。現在の神田美土代町が誕生したのは昭和二十二年(1947)のことでした。


ん~、丹前とは懐かしい言葉だ。昔、どてらと言っていたのを思い出す。

さらに、ぶらぶらと歩いていると、‘いきなりステーキ’ののぼりが目に入る。(立ち食いステーキやだ。)
丁度お昼(少し前)だったので、入ってみる。
「お薦めはどれですか?」
「300gは多いかも知れません。女性の方は、200gを召しあがる方が多いです。」
「では、それでお願いします。」
20160217いきなりステーキ

なるほど、私には200gで十分だ。
ご飯は残してしまう。(少なく、と言えばよかった。)
これで、ランチ1,000円。

ひな祭り会

3月3日は‘ひな祭り’。
ちょっと早めだが、女の子(?)の友人7人が集まり、我が家で‘ひな祭り’会をしました。
母が作った雛人形を飾り、食べたり、しゃべったり。^^

お料理のメインは手巻きずし。
そして、明日はバレンタインデーでもあるので、こんなお雛様も食べました。@@
20160213かまぼこ雛

胴体はハートのかまぼこ、顔はウズラの卵にゴマの目と紅生姜の口です。

桜餅、うぐいす餅

散歩がてらデパートへ行く。
今日は祭日で、かつバレンタインデーが3日後に迫っているせいか、デパ地下はかなり混んでいる。
チョコレート関係の売り場は列をなしているが、和菓子関係の売り場は空いている感じだ。

京和菓子の仙太郎へ行く。
先ず、桜餅を買う。
もち生地は道明寺の白色で中はこしあん、包んである葉は大島桜だそうだ。
20160211仙太郎の桜餅

そして、隣りに置かれていた、うぐいす餅を買う。
うぐいす餅は2月のものだろう。(梅に鶯だから。)
ちょっと緑色っぽいきなこがかかっている。
20160211仙太郎のうぐいす餅

これ等は、夕食のデザートとして4個とも食べる。
満足満足。

プロフィール

chococake55

Author:chococake55
母が亡くなって、リウマチが悪化した。
抗リウマチ薬の副作用が出たり、頚椎症も発症した。
未だ、精神的な安静は出来ないでいる。
気分転換のため、散歩したり食べたり。。。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

カウンター

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR